*

ノドの腫れ

公開日: : 日記

高齢者はあまりカゼをひきません。
カゼをひかずに、いきなり命にかかわる気管支炎や肺炎になることが多いのです。
若い人は、病原菌が侵入するとまずノドが腫れ、カゼをひいたとしても命にかかわることはありません。
ノドがよく腫れるというのは、弱いのではなく免疫力が高く、それ以上奥へ病原菌が侵入しないようにしていると言えるでしょう。

関連記事

小学校へ

小学校4年生のフッ化物塗布へ、歯科衛生士さんと行きました。 最初にむし歯がどうしてできるのかという

記事を読む

CO・GO

学校歯科健診で虫歯は「C」、歯肉炎は「G」と判定されます。 ところが数年前から、このまま放っておく

記事を読む

水道記念館

近くに水道記念館という施設があります。 昔、館長さんが患者さんだった関係でよく訪問していたのですが

記事を読む

秋祭り

秋祭りのシーズンです。 医院の近くの神社でも、お祭りをやっています。 鳥居の上に満月が出ていまし

記事を読む

抜去歯

抜歯した歯の中でも、特にきれいな歯はアルコールに漬けて保管しています。 時々近くの歯科衛生士学校や

記事を読む

こぶしの花

医院前の歩道に植えられた、区の花に制定されている「こぶし」が開花しました。 ウィキペディア情報によ

記事を読む

赤タマネギ

かつて当院に勤務し、妊娠したために退職した女性の娘さんが治療に来ました。 その子ももう女子高生にな

記事を読む

朝の歯磨き

プロも注目する大学野球、立命館大学の辰己涼介選手は、試合前にあるルーティンをします。 それは朝食を

記事を読む

馬の歯医者さん

新年明けましておめでとうございます。 午年にちなみ、獣医師の伊藤桃子先生という馬の歯科医の記事

記事を読む

歯磨きカレンダー

今月はサッカーワールドカップ開催月であるとともに、既に10日で終了していますが、歯と口の健康週間もあ

記事を読む

電話相談

旧友から電話で相談がありました。内容は、歯の根元が歯ブラシで

歯と口の健康週間

6月4日から10日までは、「歯と口の健康週間」です。こんなニ

打ち手不足

厚生労働省は、ワクチン接種の打ち手の大幅な不足の中、歯科医師

ワクチン接種

医療従事者として、2回の新型コロナウイルスワクチン接種を完了

アレンジメント

東京でフラワーデザイナーをしている高校の同級生から、生花のア

PAGE TOP ↑