*

マスク着用

公開日: : お知らせ

コロナウイルス感染が拡大した初期の頃は、マスク着用については世界的にみると消極的でした。
それはウイルスが小さく、マスクの繊維を通り抜けてしまい、予防効果が無いと考えられていたからです。
WHOなどが一転してマスク着用に積極的になったのは、自分で感染したと気付かない潜伏期間中に、咳やくしゃみで他人に感染させることを防ぐのが大きな理由です。
また、ウイルスが付着した物に触れた場合、自分の顔に触れてしまう事を防ぐ効果もあります。
このようにマスク着用の意義が当初から変わってきています。

関連記事

ディスポーザブル製品

いよいよ新型コロナウイルスの影響が出てきました。 マスク・グローブ・ペーパータオル・紙エプ

記事を読む

お口の善玉菌デンタフローラ

刻み昆布やとろろ昆布でおなじみのフジッコから、「お口の善玉菌デンタフローラ」が販売されまし

記事を読む

診療開始

新年あけましておめでとうございます。 本日から診療を開始させていただきます。 スタッ

記事を読む

体温計

普段の診療ではめったに使用しない体温計ですが、新型コロナウイルスの流行で使用することも出て

記事を読む

GODZILLA

大阪市の、映画とタイアップ広告第2弾のポスターが来ました。 「歯周病検診が500円で受けられます!

記事を読む

歯科医師会

最近、歯科医師会に入会せずに開業する歯科医師が増えています。決して安くはない入会金

記事を読む

駅前の桜

崇禅寺駅前の桜です。 いつもならば桜の通り抜けとライトアップが行われているのですが、今年は

記事を読む

探偵 由利麟太郎

歯とは全く関係ないように思いますが、ドラマ「探偵 由利麟太郎」が大阪市とコラボ中です。

記事を読む

お盆休み

残暑お見舞い申し上げます。 当院は14日から17日までお休みをいただきます。 お痛み等のある方は

記事を読む

アレンジメント

東京でフラワーデザイナーをしている高校の同級生から、生花のアレンジメントが届きました。待合

記事を読む

電話相談

旧友から電話で相談がありました。内容は、歯の根元が歯ブラシで

歯と口の健康週間

6月4日から10日までは、「歯と口の健康週間」です。こんなニ

打ち手不足

厚生労働省は、ワクチン接種の打ち手の大幅な不足の中、歯科医師

ワクチン接種

医療従事者として、2回の新型コロナウイルスワクチン接種を完了

アレンジメント

東京でフラワーデザイナーをしている高校の同級生から、生花のア

PAGE TOP ↑