*

マスク着用

公開日: : お知らせ

コロナウイルス感染が拡大した初期の頃は、マスク着用については世界的にみると消極的でした。
それはウイルスが小さく、マスクの繊維を通り抜けてしまい、予防効果が無いと考えられていたからです。
WHOなどが一転してマスク着用に積極的になったのは、自分で感染したと気付かない潜伏期間中に、咳やくしゃみで他人に感染させることを防ぐのが大きな理由です。
また、ウイルスが付着した物に触れた場合、自分の顔に触れてしまう事を防ぐ効果もあります。
このようにマスク着用の意義が当初から変わってきています。

関連記事

歯科用金属その後

先月歯科用の金属が高騰しており、大幅な赤字になっていることについて書きました。厚生労働省も

記事を読む

介護認定審査会委員委嘱

継続になりますが4月から2年間、大阪市長より介護認定審査会委員を拝命することになり

記事を読む

不要不急

歯科治療を不要不急と自己判断され、治療を中断されるケースが増えているようです。詰め物の型を

記事を読む

待合室の写真

以前は待合室に、新聞や雑誌を置いていました。2年前から、院内感染防止の観点から撤去させてい

記事を読む

エアータービン

当院と取引のある歯科材料店が開催するイベントに行きました。 エアータービン(歯を削る器械)

記事を読む

お口の善玉菌デンタフローラ

刻み昆布やとろろ昆布でおなじみのフジッコから、「お口の善玉菌デンタフローラ」が販売されまし

記事を読む

夜間緊急歯科診療

お盆休みも近くなりましたが、歯科医院の閉まっている夜中や休日に急に歯が痛くなったことはありませんか?

記事を読む

体温計

普段の診療ではめったに使用しない体温計ですが、新型コロナウイルスの流行で使用することも出て

記事を読む

新聞広告

歯と口の健康週間初日の朝刊に、「マスクだけでは守れない、肺炎もある。」という全面広告が掲載

記事を読む

オートクレーブ

オートクレーブという、ハンドピースを滅菌する器械を導入しました。ハンドピースは、内部に水や

記事を読む

学校歯科医

報告が遅くなりましたが、3月末で一身上の都合により、地元の小

ポスター

待合室に掲示して下さいと、大阪市からポスターが届きました。水

6月4日

6月4日から歯と口の健康週間が始まりましたが、今年の標語が「

咬む力

吹田市では、30年以上前から市民を対象として、脳・心血管疾患

警察協力歯科医

当院は警察協力歯科医院です。ゴールデンウィーク明け、久しぶり

PAGE TOP ↑