*

園児の声

公開日: : お知らせ

診察していると、近くの保育園の園児たちが遠足なのか、がやがやと医院の横を通って行く音がします。
「ぼくここの歯医者行ってんねん」と診療室の窓を通して、先生に告げる園児の声が聞こえてきました。
新型コロナウイルスが流行する少し前の話です。

関連記事

アロエの花

診療所の花壇に数年前、花泥棒ではなく、逆に誰かが植えていったアロエ。そのアロエがどんどん増

記事を読む

新聞報道について

5月18日付、読売新聞朝刊に「歯を削る機器、滅菌せず再使用7割」との報道がありました。 当院では使

記事を読む

木彫義歯

総義歯(総入れ歯)は、1700年代にフランスの歯科医が考案したと言われていました。 しかし

記事を読む

学術講演会

歯科医師会に、知り合いの教授が講演に来られるというので、診療を早めに切り上げて受講しに行き

記事を読む

被災時の歯磨き

地震や台風の被害は、いつ誰に起こっても不思議ではありません。 避難場所等での歯磨きについて

記事を読む

歯の構造

歯は何で出来ているかご存知でしょうか? 歯はエナメル質、象牙質、歯髄、セメント質で構成され

記事を読む

防犯パトロール

地域の防犯パトロールの会の方々のために、当院の駐車場を一時開放しました。 台風接近による避

記事を読む

カバの歯磨き

6月4日~10日は歯と口の健康週間です。 全国で様々な行事が行われていますが、天

記事を読む

夏季休暇

当院は8月11日から15日まで、夏季休暇とさせていただきます。 大阪府歯科医師会(大阪市天

記事を読む

コロシアム跡

ここで何度か話題にしている阪急電鉄京都線の高架工事ですが、朝日新聞航空部がネットにあげた記

記事を読む

歯の型取り

歯の型を取って、かぶせ物を製作する際に例えばそれが上

時の流れ

昔当院に勤めていた従業員の娘さんが治療に来ました。妊

診療室の絵画

診療室に飾ってある絵は、宮田為義という画家によるものです。数

コロナウイルス対策

新型コロナウイルスが流行し始めてから約1年が経過しましたが、

園児の声

診察していると、近くの保育園の園児たちが遠足なのか、がやがや

PAGE TOP ↑